130年以上、和田萬が愛される理由

その一 〜 その四まで読めばご納得頂けます

  • 和田萬の歴史
  • 和田萬の考えかた
  • ごまを学ぶ
  • お買い物

レビュー紹介

100107
只今のレビュー件数

  • お客様からの便り
  • ごま畑オーナーになりませんか?
  • 和田萬お買いもの
  • 和田萬の歴史

店舗情報

和田萬の魅力がつまったごま商品がいっぱい。

  • 萬次郎 蔵

求人情報

和田萬ではスタッフを募集しています。

  • 求人募集

SNS

Facebook,Twitterでもお得情報を更新中!
  • twitter
  • twitter
  • お問い合わせ

萬次郎 蔵

【お知らせ】

【11月の土曜営業】
11月4日(土)・18日(土)・25日(土)は営業致します。
営業時間は10:30~14:00となります。

※11/11(土)は誠に勝手ながら、お休みとさせていただきます。

【イベントのご案内】

■11月のイベントは「香りごまを楽しむ」です

11月25日(土)10:30~12:00(要予約・定員10名)
詳しくは>>こちら

営業時間 月〜金:9:30〜17:30  土曜(不定休):10:30~14:00(日祝休み) アクセス
萬次郎 蔵

100種のごま商品勢揃い 画像

100種のごま商品勢揃い

大阪、天満の和田萬本社のとなりに。土蔵を改装した本格的なごま専門の店舗「萬次郎 蔵」(まんじろう くら)が2011年11月、オープン。大阪の中心部では珍しい、築210年の土蔵が、乾物屋街によみがえりました。 ゆったりと流れる時間のなかで、約100種類のごま商品やごまの試食を楽しんでいただけます。 また、料理教室などのイベントも行っています。 ぜひ一度、おこしくださいませ。

伝統の黄金香りごま
伝統の黄金香りごま
人気の国産ごま油
人気の国産ごま油
作家のすり鉢なども販売
作家のすり鉢なども販売

大塩平八郎の乱もくぐりぬけ

土蔵は、大川(旧淀川)の川沿いの道から一筋入ったところにあります。この菅原町。 大阪駅から地下鉄で1駅の大都会にありますが、江戸期から乾物屋街として親しまれている「商人のまち」大阪市から街並み保存地区に指定され、古い街並みが好きな方が多数訪れるまちなのです。 土蔵の建造は210年前の享和2年(1802年)入り口の土壁の厚さは45センチ。改装時、屋根瓦の下は約11トンの土で 覆われ、火災や風雨から乾物を守ってきました。

大塩平八郎の乱もくぐりぬけ
萬次郎 蔵
江戸末期に近くで起こった「大塩平八郎の乱」では、大阪天満宮は焼けましたが、この土蔵は生き残りました。 また、第二次世界大戦では空襲で辺りは火の海になりましたがそれでも焼け落ちなかった強運の土蔵です。いままでこの土蔵は、ごま商品の倉庫として使っていました。阪神大震災などでガタがきて壁をトタンで板で囲っていましたが、周りの土蔵が壊されてマンションに変わっていく姿をみて、「消え行く土蔵は、実は大阪の素晴らしい文化だ」という認識をしてもらおうと、甦らせることにしたのです。←地元・大阪天満宮の寺井種伯宮司に揮毫してもらいました。

築210年の土蔵改装模様

改装前の土蔵改装中の土蔵(外観)改装中の土蔵(内観)

料理教室、お坊さんの お話会も開催!!

料理教室、お坊さんの お話会も開催!!

土蔵では、定番の国産ごまシリーズや黄金香りごま、ごまのお菓子やふりかけ、ごまの健康食品まで約100種類の和田萬ごまワールドを展開。ごまのお茶もお試しいただけます。また、乾物屋街にあるので、とっておきの昆布や葛(くず)なども用意しております。

「秘密部屋」の2階では、不定期でイベントも行っています。オープン記念として、奈良、薬師寺のお坊さんによるお話会や、ごま料理教室も行いました。詳しくはお問い合わせください。

A3_1_img13.png WEBからのお問い合わせはコチラ

住所 大阪府大阪市北区菅原町9−5

萬次郎 蔵 アクセス

【電車の場合】

地下鉄谷町線・堺筋線 南森町駅より徒歩7分。 JR東西線 大阪天満宮駅より徒歩7分。 地下鉄堺筋線・京阪電車 北浜駅より徒歩7分。

【お車の場合】

阪神高速 北浜出口より2分。 天神橋北詰交差点【南向き一方通行)を右折。 最初の四つ角を右折してすぐ。