130年以上、和田萬が愛される理由

その一 〜 その四まで読めばご納得頂けます

  • 和田萬の歴史
  • 和田萬の考えかた
  • ごまを学ぶ
  • お買い物

レビュー紹介

100107
只今のレビュー件数

  • お客様からの便り
  • ごま畑オーナーになりませんか?
  • 和田萬お買いもの
  • 和田萬の歴史

店舗情報

和田萬の魅力がつまったごま商品がいっぱい。

  • 萬次郎 蔵

求人情報

和田萬ではスタッフを募集しています。

  • 求人募集

SNS

Facebook,Twitterでもお得情報を更新中!
  • twitter
  • twitter
  • お問い合わせ

和田萬の考えかた

難しいことは考えてません。ごまのことだけ。

ごまはおもろい

今日も土を、さわってます。

経験してみないと、わからない。
私たちは毎年、ごまを栽培しています。
昨年は、種をまいたのになかなか芽が出なくて大失敗しました。
だから、今年はたぶん、大丈夫。
失敗したおかげで、ごまのことがまたひとつ、わかったからです。
現在、国産ごまの自給率は0.1%。つまり、99.9%は輸入です。
私たちは100年以上、商いをやってきて、ある時ふと気づきました。
ごまを栽培して、焙煎して、袋に詰めて、
全部やってはじめて、お客様に安心しておすすめできるんだって。
全国400以上の契約農家さんにも、毎年会いにいって、
「おっちゃん、元気にやってるか?」って話をします。
だから、大丈夫。
この人、農薬使わないってお客様に説明できます。
遠いし、しんどいけど。
だから、わかります。

今日もごまを、焙煎してます。

ごまにはごまの、言いたいことがある。
今日は暑いな、しんどいな。
僕はでっかいぞ。はるばるトルコから来たんだぞ。
あたいは島根っ子。ちっちゃくてかわいいでしょ!
お肌が気になるから、あまり熱くしないでね。

そんな声に、1年じゅう毎日毎日、耳をかたむけながら、
40年以上、朝7時から夜10時までごまを焙煎している。
それが和田萬4代目、和田悦治です。
焙煎とは、味も香りもないナマのごまを焼いて、旨みと香りを出す、
いわば命を吹き込む仕事。
「ずっとそばについとかんと、味がすぐに変わるやんか」
「10年やそこらで、わかるわけがない」
いつだれが聞いても、4代目の答えは同じ。
今日もごまを、焙煎してます。

今日もごまを、焙煎してます。

みなさん「安心」して私たちのごまを食べてください。

みなさん「安心」して
私たちのごまを食べてください。

よく、食の安全安心、と言いますね。「安全」と「安心」は違います。
安全とは、食べものをつくっている設備や、職人の仕事がしっかりして
いること。そのために私たちは2012年、「ISO22000」という
国際的に認められた食品安全マネジメントシステムの認証を受けました。

機械や衛生設備も整えましたが、私たちは「かたち」だけでなく、食べも
のをつくる人間としての「こころ」をきちんとするために全員で
ISO22000を勉強しました。
2002年には、有機農産物の加工の認証も受けています。
安全な「こころ」と「かたち」。そして、何より大切なおいしくって
新鮮なごま。みなさんにはこう説明すると、少し「安心」しませんか?

私たちはいつも、みなさんが安心して食べものを食べ、暮らしていけるか。
それだけを考えて、今日もごまをつくっています。