田萬の歴史

  • 1883明治16年

    初代・和田萬次郎、
    大阪天満の市之側にて乾物問屋を創業する。

  • 1930昭和5年

    二代目・和田萬次郎が後を継ぐ。

  • 1946昭和21年

    三代目・和田栄三が後を継ぐ。

    ※寒天、片栗粉、白玉粉、こしあん、とり粉、凍こんにゃくなどを取り扱う。ごまは、店の前の堂島川でごまを洗い、河原にむしろを敷いてごまを天日乾燥して、「洗いごま」の販売を始めた。

  • 1953昭和28年

    大阪市淀川区塚本1丁目で、ごま加工工場の操業を開始。

    ※ごまは手洗い、天日乾燥。唐箕(とおみ)や網の選別機を使用していた。

  • 1958昭和33年

    大阪市淀川区塚本6町目に加工工場を拡大移転。

  • 1960昭和35年

    この頃は、インスタントラーメンなど
    さまざまな食品を扱っていた。

  • 1967昭和42年

    株式会社を設立。
    わらび粉を販売したり、インスタントラーメンを仕入れたり、さまざまな食品を試行錯誤しながら販売していた。

  • 1970昭和45年

    本社を約200メートル東へ移転。
    現在の菅原町9番5号へ。新社屋を建設する。
    当時は手延べそうめん、冷や麦なども取り扱っていた。

  • 1990平成2年

    ごまの家庭用小袋の販売を開始する。

  • 1998平成10年

    四代目・和田悦治が後を継ぐ。

  • 2002平成14年

    大阪府八尾市老原へ加工工場を拡大移転。
    有機製造物加工の認証を受ける。

  • 2003平成15年

    本社ビル西側に「ごまやん」の巨大壁画が登場する。

  • 2006平成18年

    天満天神繁昌亭のすぐそばに、
    直営店舗「繁昌亭横丁 和田萬」がオープン。

  • 2011平成23年

    本社敷地内の土蔵を改装して、
    本店店舗「萬次郎 蔵」がオープン。

  • 2012平成24年

    八尾工場が、ISO22000:2005(食品安全マネジメントシステム)の認証を受ける。

  • 2015平成27年

    EU、アメリカの有機製造物加工の認証取得(八尾工場)

  • 2018平成30年

    HALAL認証を取得する(八尾工場)